40代くらいから気になってくるのが「頬のたるみ」

 

わたしのブログで最近アクセス数がトップなのも、以下の記事です。

なぜ芸能人は頬にヒアルロン酸を入れ、ビニールスキンになるのか

 

 

一般の私たちにも、簡単にヒアルロン酸やボトックスのようなアンチエイジングの注射はできる時代ですが、

 

「不自然な顔になるのが嫌だな」とか、「そういうのに頼るばかりになるのも嫌だな」と

 

思っている方も多いようです。

 

特に40代以降は、「自分らしさ」「自然体な美しさ」を求める女性も増えてきます。

外科的な施術以外で、どのようにリフトさせ、ふっくらと丸みのある頬にできるのか?

わたしもいつも追求しています。

 

今日は「心・心理」から施す「頬のリフトの仕方」を。

 

40代以上の女性はあまり「心」を読まれたり、見つめ直したりするのが苦手な方も多いです。

 

ですが「頬が上がるかも?!」という気持ちでやれば、ちょっとだけその「心」を見つめ直すのも抵抗がないかもです。

 

 

 

 

頬は感情を表す場所

 

「顔は心の鏡」とよく言いますが、それについて深い知識を得るために、

 

相貌心理学 というのを勉強しています。

 

顔のパーツ一つ一つの性格的や心理的特徴を分析するという心理学です。

 

今日はそのうちの頬ですが、頬は感情ゾーンといい、愛情やコミュニケーションを表します。

 

 

頬がふくよかで拡張している顔ほど、愛情の表現が豊かで、コミュニケーションに優れています。

 

 

 

逆に頬の拡張が少なく、平面だったり、たるんでいると愛情表現やコミュニケーションが苦手だといえます。

 

 

ただ、頬の部分が平面でも他のパーツの拡張があったり発達している方は、その部分で補っている場合もあります。

 

 

ここでは詳しく説明はしませんが、

 

要するに「頬のたるみ』がとても気になっている方は、

 

もしかしたら「愛情不足」または「コミュニケーション不足」かもしれません。

 

 

 

あごや骨格によっても「頬」の出方は変わりますが、ヘップバーンのように顎の小さい方でも、

 

表情筋の使い方で、頬の拡張はみられます。

 

ただ彼女の場合は、思考が巡りすぎ、考えすぎる傾向があり、額のシワが目立ちます。

 

特に現代は、スマホを下を向いてみている人が多く、その時間は人とのコミュニケーションが遮断されます。

 

また、人間関係や社会関係も複雑だったりで、愛情や感情のあり方が混沌としています。

 

日本人は顔や輪郭が丸い人が多く、本当は頬のたるみは他国の人より少ないと思いますが、

 

最近、特に東京や都心部に住む方、若い方でも表情が暗い、頬が下がっている方が多いように感じます。

 

 

 

ヒアルロン酸を入れないで頬のたるみをなくすには?

 

 

まずは笑いましょう、そして家族や友人、周りの方と話しをしましょう。

 

できれば、さしや多くても3、4人の仲間で話す方がいいのではないでしょうか?

 

大勢よりも気心しれた人たちと、感情を交えながら話す機会を持つ方が良いと思います。

 

そしてしっかり笑って、話して、頬の表情筋をしっかり使ってください。

 

 

 

 

整形級だけど自然でキレイな顔立ちに導くフェイスデザイン

The 光明FACE DESIGN (エリオゼンが開発したナチュラルフェイスリフト法)


詳細はこちらをクリックしてください。

 

 

詳細を見ずにすぐにご予約をされたい方は

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
エリーのりこ・フランス国家資格セラピスト
elieoZen(エリオゼン)
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-31-21-305
<TEL>070-6464-5008
<MAIL>reserve@elieno.com
<URL>http://elieno.com
<BLOG>https://elieno.com/blog
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□