スキンケアコンサルティングモニター募集中です!

モニター価格は3500円(税抜)

ご興味のある方は、以下の画像をクリックすると詳細ページをご覧いただけます。

 

 

 

 

起業する前、エステティシャンとして働いていたサロンは有名人や、女優、モデルなどがお越しになるところでした。

パリにいた時のスパでも、有難いことにハリウッドやフランスの大物女優が来て、施術をしたこともあります。

 

 

 

恐れ多くも、個人的にお話しをさせてくださった方もいたり、まだ20代の若い私に、お声をかけてくださる

大物女優さんもいました。

 

 

 

ドーランや撮影で使うファンデの成分を知っていますか?

 

 

ミネラルオイル、イソステアリン酸ヘキシルデシル、セスキオレイン酸ソルビタン、パルミチン酸セチル、パラフィン、ワセリン、カルナウバロウ、ラウリン酸亜鉛、ラノリン脂肪酸オクチルドデシル、トコフェロール、ダイズ油、香料、「+/-」、カオリン、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、赤202、赤226、橙204、黄205

 

上で書いた成分表示は、ドーランと呼ばれる「舞台用ファンデーション」の成分の1つです。

 

太字で書いているのは、すべて油。「油性」と呼ばれる成分。なのでドーランはほとんど油でできている

ファンデーションとなります。そこにカオリンという白色クレイ、合成の着色料、界面活性剤などなど。

 

お使いになったことがある方はご存じと思いますが、昔学校の教室の掃除に使った「ワックス」を

顔に塗りたくっている感覚です。。

 

落ちにくい、カバー力がある、というファンデーションというのは、必ず油性の原料を多く含んでいるものです。

 

「油分があって保湿力が高いファンデーションの方がいいんじゃない?」

 

と一般の方は思うかと思います。。。。

 

が、水も油も時間が経過すると腐ってきます。油の場合は特に「酸化」しだします。

油は特に「熱」に弱く、熱をあたえることで酸化がすすみ、その構造が崩れていきます。

 

そしてファンデーションというのは油性成分だけが入っているのではなく、上に書いた成分のように

色素となる「顔料」、油を乳化させる「界面活性剤」、紫外線散乱剤、紫外線吸収剤、防腐剤などが

混合されています。

 

それが酸化した油と混ざって、皮膚の上に長時間つけられているというのは、肌に多くの負担を与えます。

 

 

映画やドラマ、CMや舞台で活躍する女優さんやモデルさんは、現場では毎日このようなメイクをしているわけです。

 

なので長時間このメイクに耐え、そしてこの油性のメイクを毎日落とさないといけません。

 

 

 

コールドクリームで落とした後は、5段階で保湿する

 

 

ミネラルオイル(鉱物油)、ワセリンパラフィン、マイクロスタリンワックス、オリーブ油ホホバ油といった油に、水、乳化剤、保湿剤、防腐剤、香料を加えて作るクリーム。油分の多いこってりとしたクリームをこう呼ぶ。肌に付けると水分が蒸発し気化熱により冷たい(cold)感触があるので、この名がある。

 

※参考Wikipedia

 

油をよく落とすには、油が一番です。

 

なので女優さんも、コールドクリームのような油性のクレンジングでドーランを浮かして落としていました。

 

「そんな厚いメイク、しっかり落とさないといけないんじゃない?簡単に落ちなさそう」

 

と思う方が多いでしょう。

 

確かに、メイクをよく落とすこと、残さないようにすることは、皆さん気をつけていらっしゃいましたが、

それ以上に、大物女優さんたちがしっかりきっちりしていること。それは

 

しっかり保湿をすること

 

 

でした。

 

 

一般的には、化粧水 ⇨ 美容液 ⇨ クリーム 多くても3段階くらいの保湿か、最近はオールインワンで

1回のみなどもありますが、女優さんたちの保湿は5段階でした。それだけ保湿にこだわってスキンケアを

使い分けていらっしゃる方が多かったです。これにはわたしも

 

「スキンケアで一番大事なのは洗顔だと思っていたけど、実際は保湿することなんだ!」

 

と、勉強させていただきました。

 

 

 

落としすぎず、乾燥させず

 

汚れがよく落ちる、洗浄力がある、肌がピカピカする、キュッとする、など表現がありますが、

この時の肌のpH値は、必ず「アルカリ性」に傾いているでしょう。

 

アルカリ性に傾くということは、肌に必要な「常在菌」が住みにくい環境であり、乾燥している状態です。

 

なのでそれをメイクを落とすのに日々、毎日繰り返しするのは、肌荒れの原因になってしまいます。

 

女優さんたちの洗浄は、落としすぎず、乾燥させず でした。

 

とりわけ、キュッとか、ピカッとかという強い洗浄をするのではなく、なるべく乾燥させないことが大事です。

 

 

上で書いたように、保湿は5段階に分けて、丁寧に、たっぷりと。

 

 

① 水っぽい化粧水で、コットンを使い優しくパッティングする。

(洗浄後の負担を軽くし、保水の準備をする工程です)

② 水性成分とコラーゲンやヒアルロン酸などのタンパク質成分がほとんど(油性の少ない)の美容液をつける。

③ 水をベースに油性を10%くらい含む乳液をたっぷり使い、マッサージをする。

④ 植物油がベースの美容オイルを乾きやすい口元などに塗る。

⑤ 油性と水性半分ずつくらいのクリームで、しっかり蓋をするように、時間が経っても乾燥しない肌に仕上げる。

 

 

①は水分のみで、油分なし。徐々に油分を増やしていく感じですね。

 

 

特に色白で、皮膚の薄い女優さんは乾燥肌の方が多いので、保湿にはかなり気を使います。

 

 

 

 

こちらの写真は、わたしの最近のスキンケアです。

 

女優さんのように5段階とはいきませんが、4段階です。

 

 

 

 

 

40代以降のたるみやシワから、30代の美肌、小顔も。

貴女の顔と肌を「デザイン」する、医者いらずの美肌ケアはお任せください。

初回特典はフェイシャル75分以上(約13000円)3000円OFFになります。

 

 

banniere elieno 3000off