今日はスキンケアについて。

 

 

前回に続いて、毛穴の話しをしたいと思います。

 

 

前回の記事はこちら → 自宅でする毛穴ケアの仕方

 

 

 

 

 

 

 

 

毛穴の開いている肌を、レモンの皮に例えて。。

 

 

 

毛穴は皮膚の中の、表層部分、角質層に凹凸があって、ボコボコした肌に見えます。

 

 

 

この凹凸を隠そうと、メイクをすればするほど目立ってくる。。。なんていう方もいるかと。。

 

 

 

隠そうとするということは、凹凸の上に「油膜」のようなフィルターを貼る

 

 

いわゆる「BBクリーム」ってそうです。(シリコンがベースなので油膜。。)

 

 

 

あと、大人の肌で毛穴が開いている部分って、大概「水分不足」の肌が多い。。。

 

 

 

理由は、「よく洗いすぎ」「混合肌なので、べたつくのが苦手。保湿量が足りない」など

 

 

 

水分量が足りないと、毛穴ってもっと目立ちます。

 

 

理由は毛穴の開いた肌は「柔軟性が低い」なので「硬い」肌が多い。

 

 

「固い」と、干からびてみえますので、余計「暗い」「毛穴が影になる」わけです。

 

 

 

上のレモンも、「皮」は分厚いです。分厚い皮は、薄くすれば毛穴は減ります。

 

 

 

 

 

 

水分の成分で毛穴を埋める

 

上で書いたことから、わたしがすすめる「毛穴のためのスキンケア」は、

 

 

水分補給をしっかりすること。

 

 

で、特に「水分保持」成分である、「水性成分」の多いものでスキンケアすることです。

 

 

 

 

 

 

 

極端だけど、こんな感じ。

 

 

 

レモンの皮に、

 

 

ベタインや、グリセリン、ヒアルロン酸などの「水分を保つ」水性の成分多めの化粧品を下地に。

 

 

その上に、水の成分が一番最初、70%以上が水性成分の「リキッドファンデーション」を塗ります。

 

 

 

 

水分保持の成分って、「肌をふやかして」柔軟にしてくれます。

 

 

毛穴の開いた固い肌を、まずは柔らかくして、ふやかすと、凹凸が埋まり、ふっくらします。

 

 

 

それだけでも、結構毛穴は目立ちにくくなりますが、ベースメイクを上から。

 

 

 

これも「隠す」のではなく、「埋める」感覚でやるのです。

 

 

 

リキッドは「油」が少ないので、クレンジングでしっかり落とすことも減りますし、

 

 

まずはべたつきませんから、毛穴の上にも最適に使えます。

 

 

あと、油膜があるとやっぱり「酸化」しやすいです。

 

 

 

酸化すると、「色が変色する」「くすむ」わけで、時間とともにメイクが崩れ、

 

 

 

「毛穴がもっと黒く」見えます。

 

 

 

 

 

BBよりもリキッド

 

 

最近は、BBクリームにも色々あって、成分も様々ですが、一番毛穴の開いた肌の上に

 

 

使ってほしいのは、水性の成分が70%近い「リキッドファンデーション」です。

 

 

リキッドの特性は、「軽い」「重くない」「ナチュラルに仕上がる」

「だけどBBではなく、カバー力のあるファンデである」そして、「メイクを落としやすい」

 

 

 

毛穴の凹凸につけた、スキンケアに混ざりやすく「同化」して、凹凸を埋めます。

 

 

 

このベースメイクで一番してはいけないことは、

 

 

 

 

 

 

上から、パウダーまたは、パウダリーファンデ〜ションを、パフでつけてしまうこと。

 

 

 

せっかく水分で埋めた凹凸も、粉で乾いてしまってまた目立ちます。

 

 

パウダーを上からつける場合は、

 

 

 

筆で軽く、はたくくらいで

 

毛穴の影を光で弾いてくれる、光を反射する効果のある成分が入っている

 

粒子が細かい

 

 

 

などのルースパウダーを選ぶと一番良いです。

 

 

 

毛穴の気になる方は、是非一度お試しになってみてください。

 

 

ですが、やっぱりやり方、化粧品の探し方がわからない、教えて欲しい。。なんて方は、

 

 

スキンケアコンサルティング 90分 15000円(税別)

 

 

をしています。

 

 

詳細は、このリンクをご覧くださいね。(リンク先のはモニター募集の記事なので、お値段は違います)