先日テレビの出ていた元宝塚男役のスター、真矢みきさん。

今年50歳の真矢さん。

 

 

 

参考 https://mainichikirei.jp/photo/20131113dog00m100021000c.html

 

とってもお肌に透明感と弾力があってキレイです♡

わたしが50歳の時も、これくらい美肌でキレイな姉御でいたい!!

目指すところの女性です(^^)

 

 

真矢みきさんの体質は、上の全身の写真をご覧頂くと分かるように

上半身はふくよかで、下半身がスレンダーな体型です。

 

炭水化物、いわゆる糖質摂取が増えるとすぐに太ってしまうタイプ。

色白で、肌がキレイな方が多いです。

 

 

真矢みきさんは女優ですので、とっても気をつけていらっしゃると思いますが、

油断すると、二の腕や特に下腹部に脂肪やむくみがでやすいでしょうね。

 

 

美肌の秘訣は、喫煙や紫外線など気をつけること。糖質を抑えること。

過酸化脂質、いわゆる肌の脂肪が酸化してくすみやすく、シミができやすいです。

 

 

 

 

真矢さんと対照的なのが、例えば萬田久子さん。

 

 

 

スレンダーなモデル体型です。

体質も太りにくいですし、皮下脂肪もつきにくいです。

 

 

但し、肌で気をつけないといけないのは、脂肪細胞が少ないので、筋肉が低下すると

たるみが起こりやすいです。特に顔の表情筋を意識して使う、マッサージをするなど

しないと早い年齢から「ほうれい線」が気になりだすのもこのタイプ。

このタイプは、肌の保湿やマッサージに重きをおいてお手入れすることです。

 

 

他にも体質、肌質はありますが、今日ここであげておくのは

分かりやすい二つのタイプ。

 

 

50代になると、嫌でもシワやたるみ、ほうれい線、シミなどが気になってくると思います。

ご自身のタイプを知って、より良いお手入れをし、化粧品を選ぶことが大事ですね。

 

 

 

そして、どの年齢にも大切ですが、特に閉経をむかえる50代には気にしてほしいこと。

それはやっぱり「血流」です。

閉経により女性ホルモン、エストロゲンは低下しますので、卵巣に血流をいかせ、卵巣の働きをよくすることが

まずは美肌を維持する秘訣です。

 

 

 

そして、エストロゲンが減ると、エストロゲンには骨芽細胞の活動を高める作用があるため、閉経によって骨粗鬆症へと進みやすいです。

 

 

だから、50代は特に「血流」をよくすることが大事。

 

 

 

全身の血流をよくするには、第2の心臓「ふくらはぎ」が大切です。

歩きましょう。そして、特に大股で。太ももの筋肉強化は、「膝」のトラブルを防ぎますし、

「ふくらはぎ」の筋肉を鍛え、血流をよくします。

 

 

 

もう1つは、自律神経。これも血流に大きく関ります。

自律神経、そして免疫の話しはまた次回に。

 

 

整形級だけど自然でキレイな顔立ちに導くフェイスデザイン

The 光明FACE DESIGN (エリオゼンが開発したナチュラルフェイスリフト法)


詳細はこちらをクリックしてください。

 

 

詳細を見ずにすぐにご予約をされたい方は

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
エリーのりこ・フランス国家資格セラピスト
elieoZen(エリオゼン)
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-31-21-305
<TEL>070-6464-5008
<MAIL>reserve@elieno.com
<URL>http://elieno.com
<BLOG>https://elieno.com/blog
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□