ほうれい線とは、どの年齢でも出やすいシワの一つです。

実年齢が20代など、若くてもほうれい線が目立つ方もいます。

また実年齢が50代でも、ほうれい線が目立たない方もいます。

 

ほうれい線は簡単にいうと、「美容的に見て顔の年齢を上げるシワ」「主に、口の横まで伸びて笑っていなくても目立つシワ」です。

笑いジワは簡単にいうと、「小鼻の横にあるシワ」「笑わないと出ないシワ」です。

 

従ってお写真のモデルさんにあるシワは、ほうれい線です。

ほうれい線が出る原因は、加齢だと頬のたるみが原因ですが、実年齢が若い方で出るのは主に乾燥。

乾燥の中でも、肌の「モチモチ感」を出す「密度」が低下し、口元の肌がしぼんでいる方に多いです。

そういう方の口元は、頬よりも肌のトーンが暗く、カサカサしやすい、ニキビができやすいです。

写真のモデルの方も、加齢と同時に、乾燥による「肌密度」の低下と、2つの原因が混在してほうれい線ができているタイプです。

 

 

 

肌密度を上げてほうれい線を目立たなくする3ステップ

 

「用意するもの」= ミストタイプの化粧水(ミストポンプを買ってきて化粧水を移し替えても良い)
※できるだけ乳化剤フリーのものを
美容オイル(ホホバオイル、グレープシードオイル、オリーブオイルでも良い)

 

① ミストを口元中心にたっぷり振りかけます。

(肌の上に十分水分が残るように)

②両手で少しなじませます。(しかし全部を浸透させない。水分を残す)

③②の上に、米粒2つくらいの量の美容オイルを口元、ほうれい線の上になじませます。

(残っている水分と混ぜるように、なじませます。なじませたら、両手で口から頬に向かってリフトするようマッサージ)

①~③を2回繰り返します。

 

 

2回繰り返したら「モチっとした」肌の質感を感じると思います。

ニキビがある方や、それでも油分が気になる方は、最後にもう一度ミストを振ればさっぱりします。

これは、肌の表面が乾燥して「肌がしぼんでいる状態」を水分と油分を交互に補給することで、

「肌がふやける」→「油分と乳化して肌が膨張する」からです。

 

 

特に、ベースメイク前のスキンケアとしてやってみてください。

ファンデがほうれい線の溝に入って崩れるのを防いでくれます。

 

 

モデルさんのほうれい線も、少し目立たなくなりました。

 

 

 

 

私が使っているのは、かなりシンプルな化粧水と美容オイルです。

 

右は、「お米のとぎ汁ウォーター」実は手作りです。

美白効果やエイジングケアにもオススメですよ。

気になる方は、「米 とぎ汁 化粧水」などで検索してみてください。

 

左は、グレープシードオイル、カシスシードオイル、オリーブオイルをブレンドしたオイルです。

ナチュラル派がいい方は、参考になさってください。

 

 

整形級だけど自然でキレイな顔立ちに導くフェイスデザイン

The 光明FACE DESIGN (エリオゼンが開発したナチュラルフェイスリフト法)


詳細はこちらをクリックしてください。

新規限定割引 全コース20%OFF です。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
エリーのりこ・フランス国家資格セラピスト
elieoZen(エリオゼン)
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-31-21-305
<TEL>070-6464-5008
<MAIL>reserve@elieno.com
<URL>http://elieno.com
<BLOG>http://elieno.com/blog
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□