今年の2月に書いた「石田ゆり子さんの肌のつくり方」についてのブログ。

 

石田ゆり子さんの肌の作り方

 

 

2月以降も、順調にアクセスがあるので、未だに石田ゆり子さんの人気は衰えていないということですね。

 

 

最近わたしの師匠?!(勝手に)

キテレツ高須院長もまた、石田ゆり子さんの肌について書いていました。

 

ポスト石田ゆり子は誰? 高須院長がアラフィフ女優4人に「定期メンテ疑惑が1名」

 

 

この方の話しを全て鵜呑みにすることはないのですが、参考までに聞くととっても

面白いし、的を得たことを言ってるな、と思います(笑)

 

 

 

 

参考:http://www.akb48matomemory.com/archives/1063949190.html

 

 

 

今年お年47歳。いわゆるアラフィフなのですが、とても若々しくおキレイですね。

 

ですが、他のアラフィフ女優さん、アーティストさんにも、若々しい、若づくりな方はいらっしゃいます。

 

なのにどうして、石田ゆり子さんはこんなに人気なのでしょうか?

 

 

 

 

自然な肌色とツヤのある肌

 

参考:https://abematimes.com/posts/3310886

 

 

 

若い頃から、ナチュラルで、大人しめ、清楚な雰囲気の石田さん。

 

派手なメイクよりは、ナチュラルにキレイなメイクがお似合いです。

 

特に彼女のメイクさんが上手だなーーと思う点は、

 

 

頬骨の上にはツヤ肌の輪っかを作り、
口元やフェイスラインはパウダリーにフワッと肌をつくっている

 

 

ところです。

 

 

若々しい肌の2大条件は、ハリ と 艶。

 

 

この2つがなくなって、たるみ、くすみ となると、どんどん老け顔になっていきます。

 

石田ゆり子さんの肌は、

 

頬骨上部や目元には、ある程度の艶を与える成分のリキッドなど

(油性のバームやオイル、そして艶出し、光反射効果のある鉱物類)

 

を部分的に置いて、

 

フェイスラインや口元は、肌のハリ感、ふんわり感を出す

パウダーや、パウダーファンデ、ルースパウダーなど

 

 

を使っているように感じます。

 

 

艶出しを全体的にしてしまうと、

「顔がテカリ過ぎる。ハリがなくなる。女性らしい可愛らしさがなくなる」

 

というデメリットがありますが、艶を与えたい、頬上部や額中央、目尻などにだけ計算して置けば

「テカる」ことはありません。

 

 

次に、ふんわり感を出すために、顔全体をパウダリーにしてしますと

 

「乾燥すると小じわになる。腫れぼったくなる。たるみが目立つ」

 

というデメリットがあります。

 

 

 

石田ゆり子さんの肌は、恐らくですが、ハリと艶をうまく表現するような

メイクがされているように感じます。

 

 

もちろん、スキンケアもしっかりされているのでしょうし、肌自体がお綺麗なので、

メイクでさらに引き立てられるのでしょう。

 

 

 

石田ゆり子さんの肌のようになりたい方は、是非一度トライアルをしてみてください。

 

 

ファーストSTEPエイジングケアフェイシャル「光明スムース80分」

肌がピンと張って、弾力を取り戻します。潤いに満ちた肌に

初回限定16200円 → 10500円

 

 

 

 

 

 

 

 

メニューをご覧になりたい方はロゴをクリックしてください。